彼氏にプレゼントされた下着は黒ずみ丸見え!

彼氏に下着を初めてプレゼントされました。すごくカワイイ感じの下着で自分でも気に入ったのです。
こんなのプレゼントされるのはドキドキしたけど、とりあえず家でこの下着を試着しました。
にまにましながら彼氏からもらった下着をつけて見ました。
しかしその姿を見たら、下着自体はすごくかわいいけど、なんだかデリケートゾーンが黒ずんでいるちっくなのに気付いたのです。
彼氏がプレゼントしてくれた下着はちょっと生地が小さめサイズでいつもボクサータイプの下着を着ていてごまかさていた黒ずみが丸見えでした。
これを見た瞬間「彼氏の前で履けない」と愕然としました。いつもはデリケートゾーンのムダ毛はうまく隠して過ごしているのです。
彼氏とHのときもいつも真っ暗にしてもらっていたので、黒ずみもうまくごまかせていました。だけどこの下着を着たらもしかしたらじろじろと見られて、黒ずみがバレてしまうかもしれないと不安になったのです。
せっかくプレゼントしてくれた下着ですが、どうやら今後履けそうにありません。
こんな黒ずみのせいでせっかくの彼からもらった下着が着れないなんてとても情けないです。
いつか黒ずみが無くなったら確実に着ようと思います。しかしいつになるやら分かりません。彼に「あの下着今度着てきてね」と言われたので、これをどう誤魔化そうかと私は悩み悩んでいます。
黒ずみのせいでせっかくのかわいい下着をタンスの奥に封印しないといけないなんて本当にガッカリです。

デリケートゾーンの黒ずみを対策したい方必見!

彼氏にプレゼントされた下着は黒ずみ丸見え!

たまご1個でできる美容、いくつ思いつく??

むかしから、いろいろな美容アイテムにつかわれている卵。
もし手元に食べるわけではない1個があるとしたら、どんな美容用途が思いつきますか?
そこで今回は、卵でできるいろいろな美容についてご紹介します。

【卵シャンプー】
むかしからアレルギーでシャンプーやリンスが使えない人によく使われているのが卵シャンプー。
実際には、ブラッシングとお湯シャワーで根元までよく洗い流した髪に、卵の白身をよく地肌まで馴染ませも見込んだ後に、それを白身ごと洗い流して、汚れも蛋白質につつみこんで流すという物。
そして、そのあと、卵の黄身部分をつかってうるおいと油分を足す(実際にはここに食物オイルなどを追加する人が多い)マッサージを行い、冷水で洗い流すことで、キューティクルの傷部分なども、この卵で覆ってなめらかに補修してしまおう?という発想に基づいた方法です。
シャンプーやリンスが一般的になる前で、卵がもう価格の優等生である時代になってからは、ずっと定番の方法です。

【卵パック】
卵の白身を泡立てたり、良く撹拌したのちに、肌にぬって乾燥させ、洗い流すのが普通の卵パック。
ベテランになると、毎日料理する際に、割った卵の殻の内側についている膜を、全部綺麗にはがして溜め、それをつかったパックをしたりします。
白身部分が少し残っていても残っていなくても、お肌に信じられない潤いや、きめのこまかさをもたらしてくれるとして、「ちょっと見た目は悪い方法ですが」大人気です。
手持ちの化粧水などをつかって、それをラップする際にもつかえる方法です。

【卵の殻を使った、かかとクレンジング】
毎日の料理に大量に出る卵の殻。
ここから内膜を除去した外側だけを、粗く叩いてこなごなにし、よくフライパンで煎ります。そしてさらにすり鉢で細かく粉にしたものを、軽石や手でかかとなどにすりつけて、角質ケアに使います。
市販の軽石だけだと痛すぎる、あまりつるつるにならないと言った方にも好評です。

この他にも、ウズラの卵でのパックや、茹でた卵でのホットストーン風マッサージなどいろいろなアイディアで使われているようです。
食べ物を流用するにはちょっと気が引けるなら、パック1回分以下のお値段で10個も入った美容専用素材として、別途購入するのはいかがでしょうか?
もしかすると、いまの美容の悩みにぴったりマッチした方法があるかもしれませんよ!

たまご1個でできる美容、いくつ思いつく??

処理をし忘れ赤っ恥…

以前エステに行った時の話です。
その頃、結婚式が半年後だったのもあり、自分磨きをしたくて、エステに月1回通っていました。
服装も綺麗な服を着て、いい値段の服を着て、オシャレもして外見バッチリの状態でエステに行きました。
そして、エステに着いて着替えて、痩身の為身体をマッサージしてもらっていたのですが….
上半身のマッサージになった時に、腕を上に上げて、腕のマッサージをしてもらったのですが、その時かなり重要な事を思い出したのです。
「腕の毛とわき毛剃るの、忘れてる…!!!」
それに気付いた時には時すでに遅し。
もう腕に毛が生えてる事は確実にバレてるし、わき毛が生えてる事に気付かれるのも時間の問題…。
おかげで、せっかくリラックスして施術してもらう予定が、一気に緊張して変な汗も出て、施術が終わった後も恥ずかしいのなんので。
施術中も
「もしかしたら、店員さんにも後で笑われてるかもしれない…!泣」とか
「絶対、うわこのお客さん毛の処理してないのね笑」
とか思ったり思われたりしてるんじゃないかと気になって、とにかく散々な1日でした。
定期的なムダ毛処理はカミソリでしてまさしたが、この時は何故かムダ毛を剃るのをしばらく忘れていて、やっぱり毛の処理はなるべく毎日するに越した事はないなと、痛感した1日でした。
こういう時、脱毛してたら悩んだりしなかったんだろうなぁ、と考えたりしました。
恥ずかしかった…泣
もしも私と同じく町田エリアで脱毛をしたいとお考えの方は、下記のサイトが大変役立ちます。
町田の脱毛サロンランキングサイトはこちら

処理をし忘れ赤っ恥…

神戸で脱毛をする!〜一旦施術を受ければずっと体毛は生えないか〜

一旦施術を受ければずっと体毛は生えないか

神戸で脱毛サロンに行くメリットは、やはり無駄毛処理の労力を大きく軽減できる事です。
そもそも自分で体毛を処理する場合、どうしても繰り返しが必要になります。なぜなら、体毛は毎日生えてくるからです。1日だけ体毛を処理しても、また翌日には生えてきてしまいますから、とにかく手間が大きい事は間違いありません。
ところがお店で施術を受けると、抜け落ちる訳です。
だいたい2週間も経過すれば、体毛が抜け落ちるケースが殆どですから、お店に足を運ぶ事を考える方々も多いです。神戸脱毛をお考えならこちらのサイトが参考になると思いますよ。ぜひ参考にしてみてください。
では一旦お店に行けば、ずっと体毛が生えなくなるかと言われれば、そうとも言えません。生えてくる事は自体あります。
最近になって、永久脱毛という表現はあまり使われなくなりましたが、医療機関などによる施術は効果が大きいですね。半永久的に効果を発揮してくれる訳です。
しかしさすがの医療機関も、完璧ではありません。
半永久的と謳われていても、実際には数年ほど経過すれば、再度生えてくる事はあります。したがって「永久」と言うのは少々難しいでしょう。
永久ではなく、「半」永久という表現が最も妥当と思われます。現に神戸の脱毛に関するお店でも、公式サイトでそのように表現している事も多いです。
それでも数年ほど手入れが不要になるメリットは、やはり十分に大きいと思われます。医療機関でなくても、サロンによる施術で十分に大きなメリットを感じる女性も非常に多いです。

白髪には注意

脱毛法は大きく分けると3種類あって、ニードル脱毛、フラッシュ脱毛、医療レーザーがありますが、うなじの脱毛に適しているのはフラッシュ脱毛です。
この医療は強くはないですが、柔らかい毛ですから、フラッシュ脱毛で十分です。
ですが、注意したいのは白髪で、フラッシュ脱毛などの方法は髪の毛の毛根にあるメラニンに作用して、これには白髪になく、うなじはそこまで白髪の心配はないですが、白髪の心配がある襟足などの脱毛を希望するならニードル脱毛でなければ効果がないです。
そしてうなじの生え際の形をどう脱毛するかは気になりますが、底で大事なのがカウンセリング。
形にこだわらない部分の脱毛ならいいですが、生え際にかかるならカウンセリングでしっかり理想の形を伝えて下さい。そう言ってもどうすればわからななければ、イメージをある程度伝えればいいです。
痛みの感じ方は個人差あって、うなじにおすすめのフラッシュ脱毛は飛び上がるほどの痛みはなく、ゴムではじいたぐらいです。ニードル脱毛は針で毛を抜くのでかなり傷みます。
多くの男性サロンで男性スタッフもいて、不安なら、電話で問い合わせてサロンを選んで下さい。
そして基本的に女性のスタッフもカウンセリングで希望を伝えれば男性のスタッフに施術してくれたりします。見えない部分だけにうなじは何かと不安が大きく、カウンセリングでしっかり希望を伝えて、安心して施術に臨んでください。

白髪には注意